引っ越しの相場やおすすめの業者、手続きや挨拶など、引っ越しについての様々なことをまとめて紹介しています。

引っ越し 見積もり 比較

引っ越し 業者

引っ越し 那覇市

沖縄県の県都として、 人口31万人余を有する政治・経済・文化の中心地となっている那覇市。

古くから港が整備されるなど、 海外との交流拠点として、「琉球王国」 文化が華ひらいた街です。

琉球王国に由来する文化や史跡が数多く残されており、都会的な町並みの中に首里城跡などの文化遺産が数多く点在する観光都市でもあります。

そんな那覇市へ引っ越しを依頼する引っ越し業者は、どうやって選ぼうとしているでしょうか?

  • テレビのCMで引っ越しの宣伝をしているのを見かけた。
  • 自宅のポストや新聞の折り込みでチラシが入っていて、那覇市への引っ越し費用が安そうだった。
  • 昔から聞き覚えのある大手の引っ越し業者なら何かと安心。

これらの理由で、依頼する業者を決定してしまっていないでしょうか?

もちろん、これらの理由で那覇市へ引っ越しを依頼する業者を選ぶことは何も悪いことではないのですが…

問題は1社だけに決めてしまって依頼すること。

1社だけ決め打ちで依頼すると、引っ越し業者もビジネスですし「取れるところから取ろう」ということを考えられてしまうので見積もりも高くなりがち。

那覇市への引っ越し費用が安そうだからと選んだ引っ越し業者なのに、料金が高いことに気付かずに支払ってしまうかもしれませんし、せっかく那覇市に引っ越して心機一転頑張ろうという時なのにそんなの勿体無いですよね。。

そこで利用してみてほしいのが、簡単に複数の引越し業者から見積もりを取ることができる、こういったサイトです。

詳細はこちら
引越し侍2

 

那覇市への引っ越しの見積もりは必ず複数の引越し業者から取ること

損することなく適正な価格で那覇市へ引っ越しをしたいのであれば、「テレビのCMで見かけた〇〇が安そうだから〇〇にお願いするか」というようなことは絶対にNGです。

引っ越しの料金は基本的には、荷物を運ぶ運賃と人件費、そして不用品処分やエアコン移設、段ボールの回収などのオプションサービスで決められており、どこの引っ越し業者も算出方法に大きな差はないのですが…

それでも実際に引っ越しの見積もりを取ってみると、業者によって倍ほど料金が違っていることもよくあること。

ですから那覇市への引っ越しの見積もりは、必ず複数の業者から見積もりをとり、そして実際に訪問見積もりしてもらって各社の見積もりを比較するようにしてください。

引っ越し業者も他に見積もりを取っているライバルがいるとなると、確実に適正な料金を提示してくれますし、引っ越し業者は多少値引きしてでも仕事を取らなくては経営が成り立ちませんから見積もりを安くしてもらいやすいです。

引っ越し業者に訪問見積もりしてもらっている時に、「実は〇〇さんの他にも〇〇さんに引っ越しの見積もりを依頼してて…」ということを伝えておくことが、見積もり金額を下げるコツです。

 

那覇市には安く引っ越したいけど、手間は最大限省きたい

とはいえ、那覇市への引っ越し料金が安そうな引っ越し業者を探すだけでも手間がかかりそうなのに、そこから1社1社電話して荷物の数や、移動距離、住まいの間取りなどをその都度説明して見積もりを依頼し、1社1社から訪問見積もりしてもらって…

というのは手間も時間もかかりますよね。

複数の業者に見積もりを取っているということを伝えるのは、相手に悪い気もして気が引けるし苦手。
という人も中にはいるでしょうし、そういった人におすすめなのがネットで簡単に引っ越し料金を比較することができる一括見積もりサイトです。


引越し侍2

このような引っ越し料金を比較することができる一括見積もりサイトを利用すれば、「自分で1社1社電話して那覇市への引っ越しの条件を説明して見積もりを依頼する」という手間を省くことができますし、引っ越し業者からしても一括見積もりサイト経由で見積もり依頼がきたということは、その時点で相見積もりを取っているライバルがいるということを知りますよね。

つまり見積もりを依頼した自分が駆け引きをしながら対応をしなくても、引っ越しの仕事を得るためにライバルが存在しているので、仕事を取りたい引っ越し業者同士が勝手に競い合って見積もり金額を下げてくれるというわけです。

引っ越し料金を比較することができる一括見積もりサイトがどんどん普及していけば、悪どいボッタクりを行うような引っ越し業者は存続できなくなりますし、一括見積もりサイトは個人的にも応援したいサイトです。

登録されている引っ越し業者の審査がしっかりしていて、安心して任せることのできる評判の良い引っ越し業者が揃っている一括見積もりサイトを案内しておきますので、那覇市への引っ越しを依頼する業者を探している時にはぜひチェックして自分に合いそうなサイトを見つけてください。

一括見積もりサイトによっては、キャッシュバックなどのキャンペーンを行なっていることもありますよ。

1位 引越し侍

詳細はこちら

提携引っ越し業者数 220社以上
運営 株式会社エイチーム

テレビやラジオのCMでもおなじみの、引越し侍。
提携業者が220社以上と多く、その中から最大10社まで見積もりを取得できる、業界大手の一括見積もりサイトです。
キャンペーンも頻繁に行っているので要チェック!

詳細はこちら

2位 ズバット引越し比較

詳細はこちら

提携引越し業者数 220社以上
運営 株式会社ウェブクルー

引っ越しだけでなく車の買取やバイクの買取など、多くの一括査定サービスを提供している会社のサイトなので、使い勝手がよいわかりやすいサイトとなっています。

詳細はこちら

3位 LIFULL引越し

詳細はこちら

提携引越し業者数 130社
運営 株式会社ネクスト

不動産サイトとして有名なHOME’Sを運営している株式会社ネクストの提供しているサイトですから信頼性もあり◎
HOME’S引越しとして運営していましたが、LIFULL引越して生まれ変わり割引きや梱包資材の無料提供などの専用特典も付いています。

詳細はこちら

 

引っ越しの一括見積もりサイト利用時の注意点

引っ越し業者を選ぶ立場の利用者にとってはメリットの多そうな、引っ越し料金を比較することができる一括見積もりサイトですがデメリットもあります。

そのデメリットとは、色々な引っ越し業者に見積もりを依頼しすぎて、対応が大変になるということ。

複数の業者から見積もりを同時に簡単に取ることができるし、たくさんの引っ越し業者を競わせた方が那覇市への引っ越し料金が安くなるだろうと考え…

例えば、最大10社まで見積もりが取れるからと10社に見積もりを依頼すると、当然その見積もりを依頼した引っ越し業者10社と連絡を取り合うことになりますよね。

しかも一括見積もりサイトを利用して見積もりを依頼されると、引っ越し業者からするとライバルが多くいることはわかっているので、仕事を取るためにも我先に連絡を取りたいわけです。

訪問見積もりで正確な見積もりを提示しないことには、自社を利用してもらうために検討すらしてもらえないのですから当たり前ですよね。

簡単に見積もりを依頼することができるからといって、あまりに多くの業者を選んでしまうと電話やメールの対応に追われてしまうということになりますので、引っ越し料金を比較したい引っ越し業者を3〜5社に絞り込むようにしましょう。

その検討したい引っ越し業者を絞り込む基準ですが、自分の中で本命にしている業者と気になっている業者、そしてとにかく引っ越し料金が安そうな業者といった選び方をした後、引っ越し料金を比較することができる一括見積もりサイトで見積もりを依頼すると間違いないと思いますよ。


引越し侍2

 

那覇市への引っ越し料金を限界まで安くする方法

自分の手間と時間を最大限省いて、那覇市に安く引っ越しできる業者を探す方法として、引っ越し料金を比較することができる一括見積もりサイトをご紹介してきましたが…

実は引っ越し料金の一括見積もりサイトを使って見つけた業者の見積もりが、那覇市への引っ越しの最安値かというとそうでもなかったりします。

もちろん複数の引っ越し業者から相見積もりを取っていますし、その見積もりを提示する業者もライバルがいることはわかっているので適正な見積もり金額を提示してくれてはいます。

でも、ライバルの引っ越し業者がどのぐらいの見積もり金額を提示するかわからないのに、いきなりギリギリの見積もり金額はどの業者も出さないですよね。

ビジネスとして引っ越しを請け負っているのですから、一括見積もりサイトを通じて見積もりを提示する業者には「できるだけ安売りはしたくないけど仕事は欲しい」という思いがどの引っ越し業者にもあります。

つまり、少し余力を持った引っ越しの見積もりをどの業者も提示しているということであり、一括見積もりサイトで見積もりを取って比べただけでは、那覇市への適正な引っ越し料金の見積もりを集めて、その中で那覇市への引っ越しが一番安い業者を選んだだけということ。

より安く、那覇市への引っ越し料金を限界まで安くしようと思うのなら、一括見積もりサイトで比較して依頼する業者を決定したのち、「実際に引っ越しを依頼することを決めたんだけど…」というように値段交渉を行ってみましょう。

ギリギリの見積もりを提示していないので、オプション料金をまけてくれたりする可能性も高いです。

ただし、引っ越し業界が全体的に忙しくて、業者がお客さんを選べるような立場になっている時期に、しつこく値切るようなことをすると嫌がられてしまいますのでご注意を。

 

那覇市への引っ越しに関するよくある質問

Q.急なのですが、明日にでも那覇市に引っ越しをしなければいけません、可能でしょうか?
A.引っ越し会社の忙しさによって対応できるかが変わります。1社1社電話をするのは手間がかかりますので、一括見積サイトをスグに使ってお願いできる引っ越し業者を探してみましょう。条件を入れるだけで複数の業者にアプローチできるので、明日那覇市へ引っ越し作業をしてくれる業者が見つかる可能性が高いです。

Q.那覇市のワンルームへの引っ越しが安い時期はいつ?
A.土日に引っ越しを希望する人が多いため、平日フリー便が基本は安い料金設定になっています。料金が2倍になることもありますので、日時に自由がきくなら平日のフリー便で那覇市へ引っ越しすることをおすすめします。

Q.那覇市への引っ越しの見積もりが安い時期はいつ?
A.那覇市だけに限らず引っ越し料金が安くなる時期は、閑散期とも呼ばれるGW明けから6月7月と1月頃です。人事異動など伴う引っ越しが少ない時期でもあり、1月や6月は天気が変わりやすい季節ですから、避けようとする人が増えます。

Q.仏滅に那覇市に引っ越しを依頼すると安い?
A.まだまだ日本では縁起を担ぐという人が多数で、「仏滅」という印象の悪い日は引っ越しの依頼が減るので業者も暇になりがちです。那覇市への引っ越しの料金を少しでも安くするためには、仏滅に引っ越しをするのが正解です。

Q.那覇市への引っ越しはどのくらい前から予約すればいいですか?
A.那覇市への引っ越しは、普段の月なら1ヶ月前でも充分間に合いますが、3月や4月のような繁忙期では急なご予約は難しくなります。可能であれば2ヶ月くらい前からでも那覇市への引っ越しの見積もりを取りはじめるのがベストでしょう。繁忙期以外でも土・日・祝日・祝日の前日・大安・月末等は依頼が集中しますので、できるだけ早めの予約がおすすめです。

 

那覇市の地域の特徴

那覇市は、沖縄本島南部の中核市で、沖縄県の県庁所在地かつ最大の都市である。

沖縄県の政治・経済・文化の中心かつ人口最大の都市であり、また国際空港である那覇空港や、県外や周辺離島とを結ぶ那覇港を擁することから沖縄県の玄関口としての役割も担っている。

面積は日本の全都道府県庁所在都市の中で最も小さく、人口密度は首都圏と近畿圏を除いた地域としては全国で最も高い。

また、那覇空港が市域面積の8%以上を占め、そのなかには自衛隊を含む。

この他在日米軍の施設や那覇港の民間用途の施設の分も考慮に入れると、実際の都市活動に使用できる面積は限られる。

さらに、那覇空港の制限表面により、市街地の多くは超高層ビルや超高層マンションを建てることが出来ない。

最近では、おもろまちを中心とする那覇新都心をはじめとした航空規制の影響がない北部エリアや、再開発事業の一環として旧市街地の牧志・安里地区などに超高層ビルが建ち始めている。

都市化に伴って周辺自治体のベッドタウン化が進み、那覇市を中心市とする那覇都市圏の人口は約78万人(都市雇用圏 - 2005年)となっている。

なお、地方での人口減少が深刻な問題になっている今日においても那覇市及び那覇市の周辺自治体では人口増加が著しく、2015年12月現在の都市雇用圏人口は約86.1万人(10%流入人口※2010年の国勢調査の結果、北谷町から同都市圏への流入人口が沖縄市都市圏への流入人口を上回った為、都市圏域が北谷町まで広がった。)。

さらに那覇市を中心とした沖縄本島中南部圏の人口は面積478km2に対し人口は約118.5万人(推計人口2015年12月1日現在)を超え、国内でも有数の人口集中地区である。

市の中心部は国場川(漫湖)、及び安里川に囲まれた平地地帯に広がり、那覇市、及び沖縄県の主要施設の多くがそこに立地している。

近年では1987年に米軍の牧港住宅地区が全面返還されたことにより、那覇新都心として開発が進み、中心地に置かれていた企業本社などの一部が移転しており、新たな中心部となっている。

また、中心部周囲の丘陵地はほぼ全て市街化(主に住宅地)され、元々の地形の高低から立体的な都市景観を見せる。

一時は琉球王国時代の首都でもあった首里地区は海抜100m程度の高台の上に位置し、場所によっては那覇市全域を見渡すことも可能である。

観光面では、市の中心部の国際通り、市東部の高台にある首里地区の首里城(琉球王国の王府。2000年12月に世界遺産・琉球王国のグスク及び関連遺産群として登録)が中心であったが、近年、前述の在日米軍住宅地の跡地が那覇新都心として開発が進んでおり、2004年12月に世界最大規模で国内では唯一の空港外大型免税店であるDFSギャラリア・沖縄がオープンした。

東シナ海に面しているが、那覇空港や那覇港などの施設が海岸線のほとんどを占めているため、海水浴場は1991年に供用開始された波の上ビーチ(人工海浜)のみとなっている。

名産品として壺屋焼や泡盛などがある。

2006年に中核市指定要件の1つである面積要件が撤廃された事を受け、本市は中核市移行を目指していた。

そして2012年10月19日に行われた閣議により、那覇市を中核市へ指定する政令を決定したのち、2013年4月1日をもって全国で42番目の中核市に移行した。

wikipediaより引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/那覇市

登録されている引っ越し業者の審査がしっかりしている一括見積もり査定サイト

登録する引っ越し業者の審査がしっかりしていて、安心して任せることのできる評判の良い引っ越し業者が揃っている一括見積もりサイトですので、ぜひチェックして自分に合いそうなサイトを見つけてください。

引越し侍

提携引っ越し業者数 220社以上 運営 株式会社エイチーム テレビやラジオのCMでもおなじみの、引越し侍。 提携業者が220社以上と多く、その中から最大10社まで見積もりを取得できる、業界大手の一括見積もりサイトです。 キャンペーンも頻繁に行っているので要チェック!

ズバット引越し比較

提携引越し業者数 220社以上 運営 株式会社ウェブクルー 引っ越しだけでなく車の買取やバイクの買取など、多くの一括査定サービスを提供している会社のサイトなので、使い勝手がよいわかりやすいサイトとなっています。

LIFULL引越し

提携引越し業者数 130社 運営 株式会社ネクスト 不動産サイトとして有名なHOME’Sを運営している株式会社ネクストの提供しているサイトですから信頼性もあり◎ HOME’S引越しとして運営していましたが、LIFULL引越して生まれ変わり割引きや梱包資材の無料提供などの専用特典も付いています。

-引っ越し 業者
-, , ,

Copyright© 引っ越し 見積もり 比較 , 2020 All Rights Reserved.