引っ越しの相場やおすすめの業者、手続きや挨拶など、引っ越しについての様々なことをまとめて紹介しています。

引っ越し

引っ越し 準備

引っ越し 準備

引っ越しはただ荷物を片っ端から集めて箱に詰めて運ぶだけで済むものではなく、引っ越しの前にも引っ越しの後にもやるべきことはいっぱいあって、想像しただけでも大変ですよね。

そう、引っ越しは限られた時間のなかでたくさんのことをして行く必要があり、だからこそ引っ越しの準備は段取りが大切であり、不測の事態が起きても引っ越しの準備を早めに行っていれば対応できることも多いのでおすすめ。

逆にしっかりした引っ越しの準備ができていないのに引っ越しの当日を迎えてしまうと、引っ越し業者や手伝いに来てくれる家族や友人に迷惑をかけてしまいます。

というわけで、引っ越しに慣れていなくても引っ越しの準備を段取り良くしてスムーズに引っ越しができるよう、引っ越し先が決まった後にやるべき準備のポイントをまとめました。

 

引っ越し準備1
引っ越しの日時を明確に決める

引っ越しの日時を明確に決めないと、引っ越しの準備は面倒なのでズルズルと準備ができないまま過ごしがちですから、引っ越し先の物件を決めたら、まずは引っ越しの日時を明確に決めましょう。

引っ越しの日時を決める時のポイントは、実際に引っ越す日を1ヶ月程度後に決めることです。

例えば2週間後に引っ越しをすることに決めても、荷物の量にもよりますが準備が間に合わないこともあります。

また、引っ越し業者へ荷物の運搬を依頼する際には、「午前便」「午後便」「フリー便」と時間帯で分かれていることが多く、引っ越し業者への依頼も近い日にちは自分の指定したい時間帯が空いていなかったり、引っ越しの料金が高くなってしまうこともありますから余裕を持った引っ越しの日時を決定しましょう。

引っ越しの日時を決定した後は、賃貸であれば退去届を管理会社へ待機する日程を連絡し、退去の立会い日時を打ち合わせする必要もあります。

 

引っ越し準備2
荷造りの前に不用品を処分する

引っ越し業者に引っ越しの見積もりを依頼したり、荷造りを始める前に新居で不要になるものはどんどん処分していきましょう。

荷造りをしながら「これは必要かな、一応持って行こうか…」なんて考えながら準備していると、荷造りが間に合わなくなってしまう可能性が高いです。

また引っ越し業者へ依頼する見積もりも、新居へ運ぶ荷物の量がわからないと正確な見積もりも出ませんし、最初に不用品を処分しておけば「当日荷物がトラックに積み込みきれない!」なんていうトラブルも防ぐことができます。

不要なものをスッキリ処分すれば、荷造りする荷物の量も目に見えて減るので、引っ越し準備のやる気もアップです。

不用品買い取りで有名なエコリングに不用品の買い取りを依頼すればまとめて買い取りしてくれますから手っ取り早いですし、バイクを処分するならバイク王に依頼すれば出張買い取りに来てくれるので、手間をかけずに賢く不用品を処分することができます。

エコリングの詳細はこちら
【出張買取】ブランド品から洋酒・雑貨までお任せ!【エコリング】

バイク王の詳細はこちら
原付から大型バイクまで 出張買取のバイク王

 

引っ越し準備3
引っ越し業者に早めに見積もりを依頼する

「引っ越し業者への依頼なんて、引っ越しする日の近くになってからで大丈夫だろう」なんて考えていると、特に引っ越しが集中するシーズンは早い時期からどんどん引っ越し業者は予約で埋まっていきます。

いくら引っ越しがしたいんだ!と言っても、自分の希望する日に引っ越し業者のトラックと人員が空いていなければ引っ越しができないということになりますので、引っ越しの日時を決めたらすぐに不用品を処分し、引っ越し業者に早めに見積もりを依頼するようにしましょう。

引っ越し業者への依頼が遅くなればなるほど、空いている引っ越し業者も少なくなっていきますし、結果的に割り高な引っ越し料金を支払うことになってしまいます。

自分の都合に合わせて、希望の日時でなるべく安く引っ越しをしようと思うなら、引っ越し業者への見積もりはなるべく早く行い、引っ越しを依頼する業者に予約を入れるようにしましょう。

その際には、誰もが名前を聞いたことのある大手の引っ越し業者から中小の引っ越し業者まで、まとめて引っ越しの見積もりを取ることのできるサービスを利用すると便利です。

引っ越し料金比較サイトの詳細はこちら
引越し侍2

最大10社まで選んで引っ越しの見積もりを取ることができるので、引っ越しの見積もりが安くなりやすいですし、自分の条件にあった引っ越し業者もすぐに見つけることができます。

ただし、少しでも安く引っ越し料金をおさえたいのなら、値引き交渉は忘れずに行うようにしましょう。

引っ越し 安い

 

引っ越し準備4
引っ越しの荷造りをしていく

引っ越し業者から引っ越しの見積もりをとって、依頼する引っ越し業者を決めたら、ここから荷造り開始です。

とはいえあまり早く荷物をダンボールに梱包していくと、部屋が段ボールだらけになって使いたいものがどこにいったかわからず生活ができないという状況になってしましますので、普段使わない物から梱包して荷造りしていきましょう。

季節の違う衣類や布団、本や食器などから梱包し、引っ越し先でどこに何が入っているのかすぐにわかるように、ダンボールに何が入っているかを書いておくことがポイント。

また食器などは小さなダンボールに入れて、簡単に持ち上げることができるような重量にしておくと、荷物を運ぶときにスムーズです。

歯ブラシや歯磨き粉、洗顔料やシャンプーにボディーソープなどは旅行用の小分けにしたものに入れておき、スマホの充電器、最低限の食器、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、カッター、ハサミ、軍手、ぞうきん、などと一緒に1つの段ボールに入れておくと、引っ越した当日にその段ボールさえ開ければ生活できるようになるので便利。

もしも当日に運びきれない荷物があるなら、トランクルームを活用してもいいかもしれません。

トランクルームの詳細はこちら
スペースプラス

 

まとめ

荷造りまでの引っ越し準備がしっかり終わっていないと、引っ越し当日に引っ越し業者にきてもらっても荷物を運ぶことができませんし、その場合は引っ越し業者にも荷造りを手伝ってもらうことになりますが、時間通りに引っ越しの作業ができないことで迷惑をかけてしまいますし高額な追加料金が発生する可能性が高いです。

今回ご紹介した、引っ越し先が決まった後にやるべき準備のポイントを参考にして準備を進め、スムーズに引っ越しができるようにしてくださいね。

登録されている引っ越し業者の審査がしっかりしている一括見積もり査定サイト

登録する引っ越し業者の審査がしっかりしていて、安心して任せることのできる評判の良い引っ越し業者が揃っている一括見積もりサイトですので、ぜひチェックして自分に合いそうなサイトを見つけてください。

引越し侍

提携引っ越し業者数 220社以上 運営 株式会社エイチーム テレビやラジオのCMでもおなじみの、引越し侍。 提携業者が220社以上と多く、その中から最大10社まで見積もりを取得できる、業界大手の一括見積もりサイトです。 キャンペーンも頻繁に行っているので要チェック!

ズバット引越し比較

提携引越し業者数 220社以上 運営 株式会社ウェブクルー 引っ越しだけでなく車の買取やバイクの買取など、多くの一括査定サービスを提供している会社のサイトなので、使い勝手がよいわかりやすいサイトとなっています。

LIFULL引越し

提携引越し業者数 130社 運営 株式会社ネクスト 不動産サイトとして有名なHOME’Sを運営している株式会社ネクストの提供しているサイトですから信頼性もあり◎ HOME’S引越しとして運営していましたが、LIFULL引越して生まれ変わり割引きや梱包資材の無料提供などの専用特典も付いています。

-引っ越し 準備
-, , , ,

Copyright© 引っ越し , 2019 All Rights Reserved.