引っ越しの相場やおすすめの業者、手続きや挨拶など、引っ越しについての様々なことをまとめて紹介しています。

引っ越し

引っ越し 費用

引っ越し 費用

更新日:

実家から遠く離れた学校に通うようになったり、転職や転勤で職場が変わったり、また結婚して住む土地を変わることになったり。

人生の転機に引っ越しはつきものですが、そうでなくても気分転換のために引っ越しをしたい!
と思う時もありますよね。

毎日生活をする家ですから、引っ越しをして家が変わればガラッと気分が変わりますし、心機一転リフレッシュして生活を送ることもできそうじゃないですか♪

でも、「引っ越し費用っていくらぐらいかかるんだろう…」なんてことを考えると、なかなかパッと引っ越しという行動に移せなかったりもすると思います。

そこで、引っ越しにかかる費用をざっとまとめてみました。

今まさに引っ越しを検討している人も、引っ越ししたいけど迷うなー。
となっている人も、ぜひ参考にしてみてください。

 

引っ越しにかかる費用

引っ越しにかかる費用は、何人で引っ越しをするのかやどのぐらいの荷物を運び出すかによって大きく変わってくるかと思いますが、引っ越しにかかる費用の項目としては以下のものがあります。

  • 引越しの作業にかかる費用
  • 物件の退去にかかる費用
  • 新しい物件の契約にかかる費用

この他にも新しい家具を買ったりする費用もありますが、引っ越しにかかる費用としてはこの3つの項目です。

 

引越しの作業にかかる費用

引越しの作業にかかる費用の内訳は、まず荷物を梱包してもらったり荷物を運んでもらったりする引っ越し業者に支払う料金。

そして引っ越しに伴って不用になったものや、もう使わないであろうものの処分費用です。

 

物件の退去にかかる費用

物件の退去にかかる費用の内訳は、経年劣化以外の理由で部屋を痛めてしまっている場合の、敷金以外の修繕費用やハウスクリーニング費用。

そして、実際に部屋を解約するまでの家賃です。

 

新しい物件の契約にかかる費用

新しい物件の契約にかかる費用の内訳は、引っ越し先の新しい物件の敷金・礼金、仲介手数料、前家賃(家賃+管理費・共益費)、火災保険料。

そして細かい費用ですが、新しい物件の消毒料金や玄関の鍵の交換費用も必要です。

 

まとめ

これらの様々な項目を細かくチェックすれば、引っ越しにかかる費用を節約できるポイントが見つかるかも。

とはいえ、引っ越し業者に支払う料金がいくらぐらいかかるのか検討がつかないことには、引っ越しの費用をどのぐらい準備したらいいのかわからないですよね。

引っ越し業者に支払う料金をなんとなく把握したい時には、一度引っ越し費用の見積もりだけでもとってみるといいのではないでしょうか。

詳細はこちら
引越し侍2

見積もりを取ったからといって引っ越しをしないといけないわけではありませんし、見積もり自体も無料なので引っ越し費用を考える参考にもなりますよ♪

登録されている引っ越し業者の審査がしっかりしている一括見積もり査定サイト

登録する引っ越し業者の審査がしっかりしていて、安心して任せることのできる評判の良い引っ越し業者が揃っている一括見積もりサイトですので、ぜひチェックして自分に合いそうなサイトを見つけてください。

引越し侍

提携引っ越し業者数 220社以上 運営 株式会社エイチーム テレビやラジオのCMでもおなじみの、引越し侍。 提携業者が220社以上と多く、その中から最大10社まで見積もりを取得できる、業界大手の一括見積もりサイトです。 キャンペーンも頻繁に行っているので要チェック!

ズバット引越し比較

提携引越し業者数 220社以上 運営 株式会社ウェブクルー 引っ越しだけでなく車の買取やバイクの買取など、多くの一括査定サービスを提供している会社のサイトなので、使い勝手がよいわかりやすいサイトとなっています。

LIFULL引越し

提携引越し業者数 130社 運営 株式会社ネクスト 不動産サイトとして有名なHOME’Sを運営している株式会社ネクストの提供しているサイトですから信頼性もあり◎ HOME’S引越しとして運営していましたが、LIFULL引越して生まれ変わり割引きや梱包資材の無料提供などの専用特典も付いています。

-引っ越し 費用
-, , ,

Copyright© 引っ越し , 2019 All Rights Reserved.