引っ越しの相場やおすすめの業者、手続きや挨拶など、引っ越しについての様々なことをまとめて紹介しています。

引っ越し

引っ越し 費用

引っ越し 安くしたい

引っ越し業者からの見積もりを見てビックリしてしまうこともある、意外と高い引っ越し費用。

引っ越しってほんとお金がかかるし、安くできるところは安くしたいですよね。

引っ越しの荷物を全部自分で運ぶ!
という方法が、一番引っ越しの費用を抑えて安く済ませることができるけど、体力も時間も必要で現実的じゃない場合も。

そこで、引っ越しを引っ越し業者に依頼したいけど、でも少しでも引っ越し費用を安くしたい場合にできる工夫をご紹介します。

引っ越し業者の費用を安くしたいときにできる工夫

複数の引っ越し業者から引っ越しの見積もりをとる

引っ越し業者の費用を安くしたいと思った時には、引っ越し業者に引っ越しの依頼をした時にかかる費用の大体の相場を自分で把握しておく必要があります。

とはいえ、複数の引っ越し業者に一社一社電話をするなど問い合わせをして、見積もりをとっていくのは大変。

そこで最近人気になっているのが、複数の引っ越し業者にまとめて引っ越しの見積もりを依頼できるサービスです。

引っ越し料金比較サイト 引越し侍

このようなサービスを利用すると、手間も時間もかからず複数の引っ越し業者から引っ越しの見積もりをとることができるので、おすすめです。

ただし、一番安い引っ越し業者を見つけたからといって満足するのではなく、実際に訪問見積もりにきてもらったときには勉強してくれないか値下げ交渉をしてみましょう!

引っ越しの見積もりが、さらに安くなる場合が多いです。

その理由はこちら
安く引っ越す秘訣

引っ越し業者の繁忙期を避けて引っ越しする

人事異動の時期や新学期の時期など、引っ越し業者が忙しくなる時期は引っ越し業者も強気の料金設定をしています。

ですので引っ越しの時期が調整できるのであれば、引っ越し業者の繁忙期を避けて引っ越しするという工夫もおすすめです。

ちなみに年間のうち、引っ越しの依頼がもっとも集中するのは3月、4月で、引っ越し業者の相場も高くなっています。

逆に1月、6月、7月は引っ越しをする人が少ないため、引っ越し業者の料金も安く設定されていると言われています。

引っ越し作業の開始時間を指定しない

引っ越し業者の多くは、引っ越し作業の開始時間に「午前便」「午後便」「フリー便」と3つに分けて設定していることが多いです。

気持ち的には「午前便」を選んで、午前中に搬出作業と運搬を終わらせ、午後からは新しい部屋に搬入してもらった荷物を片付けていきたいですが…
やっぱりそう思う人は多く、「午前便」は引っ越しの見積もりが高くなりがちです。

日程は決めておき、その日の引っ越し業者の都合に合わせる「フリー便」を選ぶと、引っ越しの見積もりも安くすることができる傾向にあります。

ただし「フリー便」を選んだ場合には、その日の引っ越し業者のスケジュールによっては、夕方や夜から作業が開始する場合があるため、時間に余裕をもっておくようにしましょう。

登録されている引っ越し業者の審査がしっかりしている一括見積もり査定サイト

登録する引っ越し業者の審査がしっかりしていて、安心して任せることのできる評判の良い引っ越し業者が揃っている一括見積もりサイトですので、ぜひチェックして自分に合いそうなサイトを見つけてください。

引越し侍

提携引っ越し業者数 220社以上 運営 株式会社エイチーム テレビやラジオのCMでもおなじみの、引越し侍。 提携業者が220社以上と多く、その中から最大10社まで見積もりを取得できる、業界大手の一括見積もりサイトです。 キャンペーンも頻繁に行っているので要チェック!

ズバット引越し比較

提携引越し業者数 220社以上 運営 株式会社ウェブクルー 引っ越しだけでなく車の買取やバイクの買取など、多くの一括査定サービスを提供している会社のサイトなので、使い勝手がよいわかりやすいサイトとなっています。

LIFULL引越し

提携引越し業者数 130社 運営 株式会社ネクスト 不動産サイトとして有名なHOME’Sを運営している株式会社ネクストの提供しているサイトですから信頼性もあり◎ HOME’S引越しとして運営していましたが、LIFULL引越して生まれ変わり割引きや梱包資材の無料提供などの専用特典も付いています。

-引っ越し 費用
-, ,

Copyright© 引っ越し , 2019 All Rights Reserved.